邦人死亡、チカランで 密造酒、視力低下も

 西ジャワ州ブカシ県チカランで密造酒を飲んだ、清水建設の現地法人に勤める40代の日本人男性が死亡していたことが29日、捜査当局などへの取材で分かった。在インドネシア日本大使館からは在留邦人に対し、密造酒の流通に対する注意喚起が出されていた。        

 調べによると、この男性と知人の日本人など5人が20日、チカランにあるアパートメントに集まり、密造酒を飲んでいたとみられる。関係者によると、このうちの一人とみられる日本人男性が日系クリニックを訪れ、体調不良や視力の低下を訴えていた。
 男性の遺体はジャカルタ特別州の病院に移送され、当局が詳しい死因を調べている。
 警察は関係した日本人などに話を聞いているが、密造酒を入手した経緯などについては明らかにしていない。地元警察や大使館は関係者の「個人情報を保護する」方針で一致、今後警察が公式発表を行うかは不明だ。29日時点で地元有力紙や放送局は報じていない。
■正規品のように販売
 密造酒をめぐっては、日本酒や焼酎の瓶に詰め替えられたものや、洋酒風のラベルを貼ったものも出回っている。また写真投稿サイト「インスタグラム」や電子商取引(EC)サイトを通じ、正規品のように販売されているケースがあり、警戒が必要だ。
 日系クリニック関係者は「(密造酒には)メタノールなど危険なものが混ぜられており、深刻な中毒症状を引き起こしたり、失明するおそれもある」と指摘した。
 またヤシ酒「トゥアック」など「伝統酒」として個人が製造したものが、屋台で販売されている場合もある。
 インドネシア政策研究所(CIPS)によると、2014~18年の5年間で、密造酒を飲んだことが原因とみられる死者は546人に上り、08~13年の232人からほぼ倍増している。
 政府は酒に高い税を課しているほか、15年にはミニマート(コンビニ)でのアルコール飲料の販売を禁止にした。CIPSはこうした背景から、合法的に製造された酒よりも安価で手に入る密造酒が、一部の庶民にも広まっているとしている。(大野航太郎、高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly