「ただ眺めるしかなかった」 店失った商人の苦しみ

 「火はあっという間に広がって、俺たちはただ、その様子を眺めることしかできなかった……」。24日午後4時、火事のあったパサールでエアコンの修理店を営んでいたタウフィックさん(50)が声を落とした。
 午前9時過ぎ、数軒隣の店から火の手が上がっていることに気がついた。仲間たちと火を消し止めようとしたが、周りには用水路や水道といった水源が何も見当たらない。1時間ほどして消防車が到着したが、すでに手遅れ。黒煙を上げながら、火の手は市場全体を包み込んでいた。
 タウフィックさんは、店の焼け跡から回収したエアコンの室外機を鉄屑回収業者に売り、当面の生活の足しにするという。
 熱でひしゃげた鉄筋、粉々に砕けた瓦、溶けた菓子の袋━━。焼け跡を埋め尽くすがれきの熱と放水された水で湿度が上がり、炭の焼けたような臭いがあたりを漂う。
 同市場でサンバルなどの調味料の店を営んでいたコシムさん(32)も、焼け跡から換金できそうな鉄骨を拾い集めていた。今日は店を休んでいたが、朝のテレビニュースで火事のことを知った。「店の再建なんて、今はまだ考えられない。とにかく、今日を乗り越えないと」。そう言って、リアカーに積んだ鉄屑を見つめた。(高地伸幸、写真も)





社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly