完工延期、再来年に バンドン高速鉄道

 国営企業省(BUMN)は 16日、バンドン高速鉄道の完工はさらに延期され、早くて2022年の年末、遅くても23年の年明けの完工を目指すと発表した。地元メディアが報じた。
 バンドン高速鉄道をめぐっては、インドネシア・中国高速鉄道(KCIC)は17年の着工当初、開業目標を19年としていたが、18年3月に20年へと延期。今年に入って土地収用が完了し、21年の末には完工すると発表していた。
 同省のカリティカ・ウィルジョアトモジョ副大臣によれば、「現在の建設の進捗状況は56%」で、4回目の延期となる今回の主な理由は「新型コロナウイルスの影響が大きい」という。

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly