BSDでスマートシティー開発  100㌶ 事業費2000億円 三菱商事

 三菱商事は14日、シンガポール政府系の大手投資会社テマセク・ホールディングスの100%子会社と組成した合弁企業ミトバナ社を通じて、不動産大手シナールマス・ランド社と、共同でバンテン州で100ヘクタール超の大規模都市開発案件を推進していくことで合意した、と発表した。
 シナールマス・ランド傘下のブミ・スルポン・ダマイ社(BSD)が1980年代から開発を進めてきた、ジャカルタ郊外のBSDシティー(バンテン州南タンゲラン市)で、公共交通指向型開発(TOD)に挑戦する。テマセク関係者によると、開発にかかる総事業費は2千億円に達する規模だという。
 計画では住宅やモールなどの商業施設、学校、病院などの都市機能を組み合わせたスマートシティー開発を進めていく。
 三菱商事は2016年から、BSDシティーで分譲住宅事業を進めてきた。
 同社とシナールマス・ランドは不動産プロジェクトを含む、約6千ヘクタールにおよぶBSDシティー全体の価値向上を目指すため、ことし3月に基本合意書を締結し、都市運営やデジタルを駆使した都市サービス導入についての協業検討を開始している。
 三菱商事はインドネシア国内で製造業から流通まで広く事業を展開。配車大手ゴジェックに出資するなど、IT(情報技術)を活用する領域も強化している。グループ企業と連携して、総合力でスマートシティ開発・運営に挑戦する。

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly