北部海岸を観光地に カラワン県政府

 西ジャワ州カラワン県政府は8日、2021年から23年までに、北部のタンコラク海岸を観光地として開発する計画を発表した。マングローブ林やサンゴ礁、海底にあるというオランダ植民地時代の沈没船を観光資源とする。地元メディアが報じた。
 同県の観光文化事務所は「(タンコラク海岸には)エコツーリズムの豊富な資源があり、多くの観光客を集められる」としている。沈没船をめぐっては、周辺の漁師が回収した部品などを集め、ギャラリーを設置するという。

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly