学生らの通信料補助へ エリック氏

 エリック・トヒル国営企業相は12日、全国の学生と教師らを対象にインターネット通信料を補助する計画を検討していることを明らかにした。国営通信テルコムなどを通し、プルサ(プリペイドの度数)購入を援助する形などを検討している。地元メディアが報じた。
 新型コロナウイルス感染拡大で全国の学校で授業がオンライン形式となる中、インターネット環境が悪い地域や家庭で十分な教育が行えない問題があった。
 教育文化省は、対面授業を行える地域を82県・市から259県・市(12日時点)に拡大していた。だが国内の疫学者などからは、流行が続く中で学校を開けば、クラスター(感染者集団)が発生する可能性があるとの批判が上がっていた。

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

「探訪」

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly