10年間の用地無償提供を検討 中部ジャワの新工業団地 アグス工業相

 アグス・グミワン・カルタサスミタ工業相は4日、海外からの投資の「受け皿」として中部ジャワ州バタン県で開発を進めている新工業団地について、入居企業の用地使用料を10年間無償にする優遇策を検討していることを明らかにした。地元メディアが報じた。
 アグス工業相が4日、ウェブセミナーの中で明らかにしたもので、同じセミナーに登壇した投資調整庁(BKPM)のバフリル・ラハダリア長官も、インドネシアの1平米あたりの地価は300万~400万ルピアで、競合となるベトナムなどの東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国に比べて高額であると指摘。用地使用料の無償化は移転を促すのに有効との見方を示した。
 同工業団地は6月に開発計画が発表された。米中貿易摩擦や中国が発生源とされる新型コロナウイルス感染拡大などを背景に、中国から工場移転を検討する企業を主な対象に、誘致を促してきた。
 アグス工業相によると、年末までに開発を完了させる計画という。
 ジョコウィ大統領は同月末に建設予定地を視察。現地で行った演説の中で、日系含む7社が入居する方針を示しているほか、さらに17社が投資に感心を示していることを明らかにした。

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly