密輸動物、比から返還 北スラウェシ ほ乳類など91体

 フィリピンに密輸され、昨年4月に保護された91体の野生動物が7月30日、インドネシアに返還された。返還された動物は北スラウェシ州ビトゥンの施設で保護されており、順次、本来の生息地に戻されるという。地元メディアが報じた。
 返還されたのはワラビーなどのほ乳類のほか、パプアシワコブサイチョウ、ヒクイドリなどの鳥類91体で、いずれもワシントン条約(CITES)により、絶滅のおそれがある野生動物として商業取引が禁止されている。7月27日にフィリピン南部ミンダナオ島のダバオから船で、3日後の7月30日に北スラウェシ州ビトゥンに送り返された。現在は同州にある動物愛護団体の施設に保護されている。
 今回返還された動物は、インドネシアやパプアニューギニアから密輸出されたとして、ダバオで昨年4月に保護された約300体の野生動物の一部。地元警察は密輸に関与したとして2人のフィリピン人を逮捕、その後の調べで134体がインドネシアから密輸されたものであることが判明した。地元裁判所が昨年10月にインドネシアへの返還を命じ、健康状態などから返還が可能と判断された91体がインドネシアに戻された。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly