1学期最終日に入学式 新入生7人迎える CJS

 チカラン日本人学校(CJS、西ジャワ州ブカシ県デルタマス)は7月30日、入学式を開いた。入学式に参加した新入生は小学部4人と中学部3人の計7人だった。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者は一時帰国中の児童生徒を除いた全校生徒23人と新入生の保護者、教職員に限定。会場となった体育館では窓を開けて換気を徹底したほか、席の間隔を空けて身体的距離を確保した。
 CJSの入学式は4月を予定していたが、新型コロナの影響で延期が続いていた。1学期の最終日に入学式が行われるという異例の形となったが、出席した児童・生徒や保護者からの顔からは笑みがこぼれた。
 同校では4月22日から新学期がスタートし、オンライン授業や分散登校などの感染防止策を講じ、学習を続けてきた。同校では入学式翌日の7月31日から夏休みに入り、2学期は8月24日から始まる予定。

日イ関係 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly