上棟件数記録で  メイカルタ イ記録博物館

 大手財閥リッポーグループが、西ジャワ州ブカシ県チカランで開発を進めるニュータウン「メイカルタ」計画で、2019年8月から20年3月までの8カ月間で28棟のアパートメントの上棟を終えたことが最高記録として、MURI(インドネシア世界記録博物館)から表彰を受けた。地元メディアが報じた。
 対象となっているのは、メイカルタ計画の第1段階となる32~36階建てのアパートメント28棟で、20年内の引き渡しを予定している。
 MURIは急ピッチでの建設が成功した要因として、日系の吉野石膏などを含む建材・設備を納品するサプライヤー企業の努力もたたえている。
 メイカルタ建設計画は17年に始動した。初期段階で住宅を充実させ、長期的にはホテルや空港、モノレール、ショッピングモール開発も進める計画で進めてきた。
 海外の大学とも連携し、研究学園都市とする構想もある。
 18年に建設に関連して、ブカシ県知事など行政側への贈収賄事件で逮捕者が出るなど、建設が停止した時期もあったが、新棟建設に着手するなど、投資を呼び込みつつ計画を推進している。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly