ドラえもんの声優死去 ヌルハサナ・イスカンダルさん 62歳

 日本の人気アニメ「ドラえもん」のインドネシア語版で、1993年から2018年までドラえもんの声優を務めたヌルハサナ・イスカンダルさんが12日、脳卒中のため死去した。62歳。地元メディアが報じた。
 ヌルハサナさんは1982年にインドネシア国営ラジオ局(RRI)に入社。RRIでラジオドラマ制作に携わる傍ら、海外の映画やドラマの吹き替え声優として活動した。

 ドラえもんは91年から、民放テレビ局RCTIで放映開始。ヌルハサナさんは93年からドラえもん役を務めた。2006年に降板した際は視聴者からの問い合わせが相次ぎ、翌年に再登板するなど長年に渡りドラえもんの「中の人」として親しまれた。現在は息子のダナ・ロビンシャさんが後任を務めている。

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly