トバ湖、「ジオパーク」に ユネスコ

 政府は9日、北スマトラ州のトバ湖が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界ジオパーク」として認定されたと発表した。インドネシアで5例目。
 トバ湖は約7万4千年前の巨大噴火によってできた、世界最大とされるカルデラ湖。政府が観光振興を進める場所の一つで、国際空港の整備などが進められてきた。
 今回の登録で国際的な認知が広がることが期待される。
 世界ジオパークはユネスコが貴重な地質や地形などを持つ地域を保全し、観光資源として活用するために指定する区域のこと。
 国内では、2012年にバリ州バンリ県のバトゥール・ジオパーク、15年にジョクジャカルタ特別州・中部ジャワ州・東ジャワ州にまたがるセウ山ジオパーク、19年に西ヌサトゥンガラ州ロンボク島のリンジャニ・ロンボク・ジオパークと、西ジャワ州スカブミのチレトゥ・プラブハンラトゥ・ジオパークの4カ所が既に認定されていた。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly