ロッテリア撤退 29日までに

 韓国ロッテのファストフードチェーン、ロッテリアを運営するロッテリア・インドネシアは19日、インドネシア国内の32店舗全店を閉鎖すると発表した。29日までに閉店作業が完了する予定で、9年間にわたり外食事業を展開してきたインドネシアからの撤退となる。地元メディアが報じた。
 ロッテリアは2011年のインドネシア進出以来、ロッテマートなどの大型ショッピングモールに入居する形を中心に、都市部で店舗を増やしてきた。15年までにジャカルタ特別州や西ジャワ州チカラン、カラワン、バンドンの各県市に計32店舗を展開するまでに拡大した。
 モールの建設ラッシュが落ち着いた後は出店が停滞。ハンバーガーやフライドチキンなどで独自の商品開発を進めたが、地場企業やバーガーキング、ケンタッキーフライドチキン(KFC)など外資系ブランドの競合が多く、商圏が広がらなかった。

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly