おわび

 15日付「実行犯に禁錮1年」の記事は、判決公判と求刑公判を取り違えて掲載していました。見出しの「実行犯に禁錮1年 KPK捜査官襲撃 原告は不服表明」は「実行犯に禁錮1年求刑 KPK捜査官襲撃 ノフェル氏は不服表明」、本文の「汚職撲滅委員会(KPK)のノフェル・バスウェダン捜査官が2017年4月、顔に硫酸を掛けられて左目を失明する重傷を負った事件で、北ジャカルタ地方裁判所は11日、実行犯の元警察官2人に、禁錮1年の実刑判決を言い渡した。」は、「汚職撲滅委員会(KPK)のノフェル・バスウェダン捜査官が2017年4月、顔に硫酸をかけられて左目を失明する重傷を負った事件の求刑公判が11日、北ジャカルタ地方裁判所であり、検察側は実行犯として逮捕、起訴した元警察官2人に、禁錮1年を求刑した。」の誤りでした。また「判決では、2人がノフェル氏に硫酸をかけたのは事実としながらも、顔以外にかけるのが本来の目的で、失明させたのは『事故』だったとし、禁錮1年を言い渡した。この判決に対してノフェル氏は11日、『裁判は形だけのものだった』と不服を表明している。」とあるのは、「検察側は、2人がノフェル氏に硫酸をかけたのは事実としながらも、重傷を負わせるつもりはなかったとして、禁錮1年を求刑した。この求刑に対してノフェル氏は不服を表明している。」の誤りでした。おわびして訂正します。

お知らせ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly