民家に戦闘機墜落 リアウ州カンパル県

 15日朝、リアウ州カンパル県シアク・フル郡クバンジャヤ村の民家に空軍の戦闘機が墜落した。死者、負傷者は確認されていない。同郡には2012年にも空軍機が落ちている。地元メディアが報じた。
 墜落機は英ホーカー・シドレー社の「ホーク209」。訓練から帰投する途中だった。墜落時はパイロットが脱出し、民家の住人は外出していたという。墜落原因は分かっておらず、軍が調査している。
 シアク・フル郡には12年10月にも空軍の戦闘機(同社「ホーク200」)が墜落。事故現場を撮影しようとした地元紙の記者に、兵士が暴行を加える動画が拡散され、問題になっていた。空軍機はいずれも同郡付近の基地から発進したものだった。(大野航太郎)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly