取り止め正式決定 コロナ禍で苦渋の選択 JJM

 日イ間の交流・友好を深めてきたジャカルタ日本祭り(JJM、主催・JJM実行委員会、協力・ジャカルタ特別州政府、在インドネシア日本大使館)は今年、開催の取り止めが正式に決まった。新型コロナウイルスの感染拡大などを勘案し、実施は難しいと判断した。
 取り止め決定に絡み、小林一則実行委員長は書簡で、「第11回となった昨年のJJM2019では、過去最多の4万4千人超の来場者を得ることができた」とし、両国間の友好を深めるイベントとして果たしてきた日本祭りの意義を強調した。
 これを踏まえ小林委員長は今年のJJMについて、「昨年のJJMを進化、発展させ、両国関係の将来を担う若年層やファミリー層がお互いの文化に対する理解を深め、日本により親近感を感じられるイベントとしたい」という当初構想を明らかにした。
 しかし、新型コロナの感染拡大やイベント開催の前提となる社会規則、出入国規則などを考えると、「安心・安全な形で楽しめるイベントの実施は困難との結論にいたった」と説明し、苦渋の選択だったことをメッセージににじませた。
 今後については、設立準備が進んでいる財団の下で来年、「インドネシア人と日本人の双方が元気の出るような形で開催したい」と述べ、協力を呼びかけた。

日イ関係 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly