コロナ禍の資金難で シカを肉食獣のエサに バンドン動物園が検討

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、西ジャワ州バンドン市のバンドン動物園が窮地に立たされている。同園では新型コロナ流行前は入場料で毎月約12億ルピアの売上があったが、3月23日に営業を停止。資金難に陥り、7月には飼育動物のエサ代が捻出できなくなる見通しという。
 バンドン動物園の担当者によると、同園には約850頭の動物が飼育されており、飼料として一日あたり400キロの果物と120キロの肉が必要となる。同園では「最後の手段」として、飼育されている30頭のシカを、トラや絶滅危惧種のジャワヒョウといった肉食獣のエサとして与えることを検討しているという。 

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly