コロナ禍「共に戦う」 SMEJ・小林理事長 JBICと説明会

 新型コロナウイルスの感染拡大で、インドネシアに進出した日系企業が深刻な打撃を受けている。全日系中小企業連合会(SMEJ)の小林一則理事長は「(日系中小企業と)共に進む戦いを続ける」とし、対応を模索する。
 小林理事長は「(日系中小企業は)この未曾有(みぞう)の困難に直面し、その生き残りを賭けて日々懸命に努力を限界まで続けている」とし、「あらゆる創意工夫を重ねる戦いである」と述べた。
 「日本の優れた中小企業がその重要性を継続し、重要性を譲らず、大企業と共に(日本の)全体的価値を創造・確立していくための、実践的な対策を探す」とした。
 JBICのジャカルタ事務所と協力し、新型コロナの緊急融資枠についての会員企業向け説明会を計画。「協力に感謝し、一社でも多く、スキームを利用活用して未来へつなげていくことを期待する」とした。
 JBICは4月30日、日本で20年度補正予算が成立したことを受け、「新型コロナ危機対応緊急ウインドウ」を創設。海外に展開した日系企業を支援する。民間金融機関との協調融資で、資金繰りが厳しくなった企業への運転資金供給などを行う。(大野航太郎、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly