マクドナルドに密集で罰金 PSBB違反 サリナ店

 ジャカルタ特別州の警備隊は14日、10日に閉店したサリナ・デパート(中央ジャカルタ)のマクドナルド1号店で、閉店の催しに多くの人が集まり、新型コロナウイルス対策「大規模社会的制限(PSBB)」に違反したとして、店舗側に罰金の支払いを命じた。地元メディアが報じた。
 10日夜、店の前に多数の人が集まり、閉店を偲んだ。警備隊は11日、この時の写真を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿。問題視し、市民に制限を守るよう呼び掛けていた。
 罰金は1千万ルピアで、店舗側が制限の遵守を怠ったとする。店舗側は、罰金を支払う考えを示している。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly