上田新理事長を選出 投資環境改善 人材育成推進へ JJC年次総会

 ジャカルタ・ジャパン・クラブ(JJC)は4月30日、定例の年次総会を開き、2020年度の新理事長にパナソニック・ゴーベル・インドネシア社の上田京治氏を選出した。新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、在インドネシア日本大使館や会員企業と連携して情報共有すると共に、投資環境改善や人材育成に引き続き取り組む。
 総会はウイルス感染拡大やそれに伴う当局による外出自粛要請を受けて、法人部会の会員企業から事前に委任状を受け取り、オンラインで実施された。
 副理事長兼法人部会長には三菱商事の近造卓二氏、個人部会長には住友電設の本江康男氏、会計監事には三菱UFJ銀行の江島大輔氏が充てられた。
 新体制のスローガンは「対話と実行、新たな1歩をインドネシアと共に」。労働や課税など、日系企業が抱える課題について、インドネシア政府と引き続き協議していく。政府の目玉政策の一つ、人材育成にも参画する。職業訓練高校(SMK)と連携を強化し、インターンシップ受け入れを促進。長期的には生産性向上を前提にした政府の人材育成戦略をサポートする方針を掲げる。




日イ関係 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly