大統領の母が死去 中部ジャワ州ソロ

 ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領の母親、スジアトミ・ノトミハルジョさんが25日午後5時ごろ、中部ジャワ州ソロ市内の病院で死去した。77歳。

 スジアトミさんは1943年、中部ジャワ州ボヨラリ県の木材商人の家庭に生まれた。10代でノトミハルジョさんと結婚。中部ジャワ州ソロで、父と兄が経営する家具工場の手伝いを始めた。1961年に第1子のジョコウィ氏を出産した後も家具工場で働き続け、徐々に規模を拡大。ジョコウィ氏が家具商人として成功を収め、後にソロ市長、ジャカルタ特別州知事を経て、大統領に就任するまでの土台を作った。

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly