カラワン県知事に感染 新型コロナ スピーチを突如降壇

 西ジャワ州カラワン県のセリカ・ヌラチャディアナ知事が新型コロナウイルスに感染したことが24日、明らかになった。地元メディアが報じた。セリカ知事は同日、自身が軽症であることや県内の隔離病棟に入院していることを、自身のインスタグラムを通じて明らかにした。セリカ知事は20日、同県庁舎で行われた式典のスピーチの最中に呼吸困難を訴えて降壇し、県内の病院で検査を受けていた。同式典には、県内45村の村長が同席していた。
 カラワン県では18日から、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、感染者の確認された国・地域から入国した人に対して最大14日間の自主隔離を求めている。同県にはカラワン工業団地(KIIC)やスルヤチプタ工業団地など工業団地が複数存在し、大手自動車メーカーなども拠点を構えており、一部の日系企業では、日本人社員の自主隔離が行われている。
 西ジャワ州の統計によると、25日夕の時点で同州では73人が新型コロナウイルスに感染し、10人が死亡。2405人が隔離されている。また、24日までに同州ボゴール市のビマ・アリヤ市長と、バンドン市のヤナ・ムリヤナ副市長の感染も確認されていると伝えられる。今回の県知事の感染確認で、県政府が感染防止策をさらに強化する可能性も指摘される。(高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly