感染者女性1人が死亡 新型コロナウイルス 国内初、バリで

 保健省は11日、新型コロナウイルスの感染者1人が死亡したと発表した。関係者によると、バリ州デンパサール市の病院に入院していた53歳のイギリス国籍の女性とみられる。インドネシアで感染者の死亡が確認されるのは初めて。  

 11日未明、デンパサール市のサンラ病院で死亡が確認された。女性は10日までに感染が確認されており、保健省は「(国外で感染し)輸入されたケース」だとしている。新型コロナウイルスの感染前に、糖尿病や慢性閉塞性肺疾患などを患っていたという。
 また保健省は11日、国内で新たに7人の感染が確認され、感染者数は累計34人になったと発表した。この7人はいずれも国外で感染し、インドネシアで確認されたケースだとしている。
 国内の新型コロナウイルス感染をめぐっては、インドネシア政府が2日、西ジャワ州デポック市在住の2人で初めて確認したと発表。今後の感染拡大も懸念される。

■フォーミュラE中止に
 地元メディアによると、アニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事は11日、6月に予定されていた電気自動車(EV)世界選手権「フォーミュラE」の開催を延期すると発表した。
 海外から多数の訪問者が来ることで、州内での感染が拡大すると懸念。「ジャカルタ市民の健康を最優先する」と説明した。主催組織とも延期で合意しているという。
 ジャカルタ特別州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、州内での大規模イベントを中止、延期させる方針をとってきた。フォーミュラEはモナス(独立記念塔)での開催に反対する政府機関と協議を重ね、実施許可取得までこぎ着けていた州政府「肝いり」のイベントだったが、感染拡大を受け延期せざるを得なくなった。延期後の開催時期は未定だ。(大野航太郎)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly