MRT南北線、3月着工へ 清水建設・アディカルヤが受注 HI~ハルモニ間

 清水建設と国営建設アディカルヤによるコンソーシアム「清水・アディカルヤ(SAJV)」は17日、「MRTジャカルタ(MRTJ=ジャカルタ特別州営)」が入札を進める大量高速鉄道(MRT)南北線第2フェーズのうち、中央ジャカルタのHI前ロータリー駅~ハルモニ駅の建設を受注した。同区画の地下トンネル部分(2・8キロ)と、タムリン駅とモナス(独立記念塔)駅の2駅を建設する。

 MRTJのウィリアム・サバンダル社長によると契約額は約4兆5千億ルピアで、工事は3月から開始する。
 HI前ロータリー駅で行われたこの日のSAJVとの契約締結式には、両社代表のほか、石井正文・駐インドネシア日本大使やアニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事らが出席。石井大使は式典のスピーチで、「MRTの建設は、インドネシアと日本の友情を示すもの」と話した。また、MRTJが2030年ごろの開通を目指す西ジャカルタのカリデレス~東ジャカルタのウジュン・メンテン間の東西線(31・7キロ)も、引き続き日本との協力に期待を込めた。
 MRT南北線第2フェーズは、HI前ロータリー駅から北ジャカルタのアンチョール駅を結ぶ11駅で構成され、総延長は11・5キロ。HI前ロータリー駅~コタ駅間の地下区間(A区間=5・2キロ)と、コタ駅~アンチョール駅間の地上区間(B区間=6・3キロ)に分かれ、それぞれ2024年と、27年の開通を目指している。
 A区間の各駅は、トランスジャカルタ停留所付近に建設される。また、ハルモニ駅はトランスジャカルタ停留所と、コタ駅はトランスジャカルタ停留所と国鉄コタ駅が連結。複数の交通機関を統合して利用者の利便性を向上させる。MRTJは開通後の平均乗客数を、1日55万1200人と試算している。
 また、東西線が実現した場合、同コンソーシアムが建設するタムリン駅が、南北・東西両路線を結ぶ要所となる。
 日本政府は18年、第2フェーズ建設に総額700億2100万円を限度とする円借款の供与を発表した。日本政府は19年3月に完成の第1フェーズで09年と15年の2回に分けて総額約1250億円を供与。第2フェーズでも同様に、時期を区切って供与する方向で交渉が行われており、完工までに再び円借款供与契約を結ぶもようだ。(高地伸幸)




日イ関係 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly