20年シェア12%目標 スズキ 生産50周年迎え

 スズキ・インドモービル・セールス(SIS)の板山誠次社長は4日、南ジャカルタで会見し、2020年の自動車市場シェア目標を12%(19年9・9%、小売りベース)に設定したと発表した。インドネシアでの生産開始から50周年となる今年、国内での存在感をさらに高めていく。

 インドネシア自動車工業会(ガイキンド)によると、スズキの19年販売台数(小売りベース)は前年比11・8%減の10万2865台だった。トヨタ、ダイハツ、ホンダ、三菱自動車に次ぐ5位だが、シェアは18年の10・1%より減らした。
 国内市場全体でも販売台数が9・5%減少した。また、五菱(ウーリン、同39・2%増の2万1112台)や日産(同23・6%増、1万2570台)、東風小康汽車(DFSK、同381・2%増、3260台)にじわりと追いかけられる構図も見える。
 スズキの主力はピックアップトラック「キャリー」で、2019年に5万4943台を売り上げた。乗用車では「エルティガ」と「エルティガスポーツ」が多く、販売台数は計2万6377台だった。
 板山社長は国内市場に関し、「今年こそは上向いてほしい」と期待する一方、「ピックアップは(特に)景気の動向に左右される」とし、引き続き難しい局面が続くとの見方を示した。
 19年のオートバイの販売台数(工場出荷ベース)は7万1861台だった。
 スズキは1970年にインドネシアでオートバイの生産を開始。現在は自動車、オートバイ、船外機の販売を行っているほか、西ジャワ州ブカシ県デルタマスで敷地面積130万平方メートルの工場を稼働させるなど、生産拠点としてもインドネシアを高く位置付ける。
 今年は新商品の投入や50周年に関するプロモーションの展開などを検討しており、顧客の関心を集めていく考えだ。(大野航太郎、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly