繰り上げ当選狙い贈賄か 総選挙委汚職事件 PDIP政治家

 総選挙委員会(KPU)コミッショナー、ワヒュウ・スティアワン容疑者(46)の収賄事件をめぐり、贈賄の容疑が掛けられている与党・闘争民主党(PDIP)の政治家が、昨年の総選挙で当選議員の死亡を受け、自らの繰り上げ当選を狙ってスティアワン容疑者に便宜を求めた疑いがあることが分かった、地元メディアが報じた。
 昨年4月の総選挙は非拘束名簿式比例代表制で行われた。
 贈賄側のハルン・マシク容疑者は南スマトラ州1区で出馬した。同区でPDIPは1議席を獲得し、別のPDIP議員が個人得票で最多得票となったが、投票日前に死亡していた。KPUは個人得票数に基づいて別の候補者を繰り上げ当選させた。しかし、ハルン容疑者は、個人得票が下位だったにもかかわらず、自らが繰り上げ当選しようと、スティアワン容疑者に少なくとも4億ルピアを渡した疑い。
 スティアワン容疑者は9億ルピアを要求し、ハルン容疑者は分割して支払っていたと見られている。
 KPKは党幹部などの関与を疑い、捜査を続けている。
 またKPKによると、ハルン容疑者は現在シンガポールに逃亡しており、身柄を拘束できていない。速やかな帰国を求めている。同容疑者は逮捕されたと一時報じられた。(大野航太郎)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly