ごみにせき止められ氾濫か 24年間で最大降雨

 年始にジャカルタ首都圏を襲った洪水は記録的な豪雨で起きたが、川の浚渫(しゅんせつ)工事の遅れなど、洪水に対する脆弱性が放置されているとの批判も出ている。
 気象庁(BMKG)によると、 12月31日午前7時から1月1日同7時までの降雨量は、東ジャカルタ・ハリム空軍基地の観測所で377ミリに達した。過去24年間でジャカルタ特別州での最大の降雨量だったという。
 同時間帯には西ジャワ州ブカシ市、ブカシ県などでも150ミリを超えた。同特別州内での死者数は東ジャカルタが8人で最も多く、東部から北部に流れる複数の河川が氾濫し、洪水を起こしたとみられる。
 バスキ・ハディムルヨノ公共事業・国民住宅相は被害地域を調査、首都圏を流れるチリウン川の浚渫がアニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事の就任以後遅延し、洪水被害の拡大につながったと批判した。
 河川の一部は堆積したごみにせき止められ、氾濫したとみている。南ジャカルタ・クマンやブカシ県では堤防が決壊したという。
 アニス知事は「貯水池の新設や拡張で西ジャワ州から流れる河川の水量を調整する必要がある」と述べた。
(大野航太郎)

社会 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly