共作漫画を配信 「鷹の爪」が登場 イの漫画サイト

 日本のアニメで、「人と地球にやさしい世界征服」を目指す悪の秘密結社「鷹の爪」が、インドネシアに登場した。18日から、インターネット漫画配信サイト「チャオコミックス」でインドネシアのコメディー漫画とコラボした作品が配信されている。
 電子コミックの制作販売、ゲーム制作を手がけるインドネシア企業ドラゴン・キャピタル・センターと日本の関連企業ドラゴン・デジタル・ジャパンが仲介、両作品の作者の双方がお互いの作品を気に入り、共作が実現したという。
 共同作品はチャオコミックスの有料会員向けに配信、一部が無料公開されている。ドラゴン・デジタル・ジャパン担当者は「(同サイトの作品では)ギャグ漫画の人気が非常に高い。鷹の爪のシニカルな笑いがウケるのでは」と期待している。
 漫画は1年間配信される予定。鷹の爪の認知度を高め、関連グッズの販売などIP(知的財産)ビジネスの拡大を目指す。
 「秘密結社 鷹の爪」は世界征服を目指すが失敗ばかりする主人公たちを描いた「脱力系コメディー」。2006年にテレビ朝日で第1期が放送された。劇場版もある。(大野航太郎)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ジャワに魅せられて ~アート系日本女子の独り言~NEW

有料版PDFNEW

隔離病棟リポート 無症状の邦人手記

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly