発煙弾が爆発 ジャカルタ・モナス広場 兵士2人重軽傷

 中央ジャカルタのモナス(独立記念塔)広場で3日午前7時20分ごろ、不審物が爆発、ジョギング中の国軍兵士2人が重軽傷を負った。ジャカルタ警視庁などによると、爆発したのは発煙弾。誰が置いたのかを調べている。

 前日には、広場でイスラム保守派の集会が行われ、警備のために治安部隊が配置されており、関連も調べているもようだ。発煙弾は、国内では通常、警察や国軍が使用する。
 警察によると、現場は広場の北東部。兵士がポリ袋に入った不審物を見つけ、手に取っていたところ、爆発が起き、左手首を吹き飛ばされたほか、首や胸、足を負傷した。近くにいたもう一人の兵士も手足を負傷した。2人は病院に搬送され、意識はあるという。
 現場は、メダンムルデカウタラ(北独立広場)通りを挟んで向かい側に内務省、数百メートル西側にはイスタナ(大統領宮殿)があり、一帯は、ふだんから厳重な警備が敷かれている。2日には、イスラム保守・強硬派の約1万2500人(警視庁調べ)の集会が開かれ、警備のため、警官だけで約5千人が周辺に配備されたほか、国軍部隊も動員されていた。

■観光の邦人の姿も
 爆発を受け、同通りなどで一時交通規制が行われた。正午ごろ、モナス広場には入場制限などは行われず、観光客の姿が見られた。
 午後2時ごろには、出張でジャカルタを訪れ、モナス観光に来た40代の日本人会社員女性の姿も。「ニュースで爆発のことを知っていたが、恐る恐る見に来た。(地元の)子どもが広場の中でお昼ご飯を食べているのを見て、大丈夫だと思った」という。
 ジャカルタ特別州清掃局員のデデンさん(29)は午前7時ごろ、広場の西南部で仕事中に「パン」という破裂音を聞いたが「どうせ大通りでバイクがパンクしたんだろう」と思い、仕事を続けた。4人の同僚も、気に留めなかった。爆発は、休憩中にスマートフォンでニュースを見て知ったという。
(米元文秋、大野航太郎、高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly