再集結も規模縮小 モナス前に約1万人 イスラム保守派

 バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)元ジャカルタ特別州知事の「コーラン侮辱発言」への抗議運動などを展開したイスラム保守派勢力「212同窓会」が2日、中央ジャカルタのモナス(独立記念塔)広場で再集結した。約10万人(警察発表)が集まった昨年に対し、ことしの参加者は約1万2500人(同)にとどまった。 

 昨年は、野党大統領候補だったプラボウォ・スビアント現国防相ら野党関係者がこぞって集まったが、ことしは、10月にジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が、プラボウォ氏を取り込んで大連立政権を樹立。政治の構図が一変し、集会の縮小を招いたとみられる。
 一方、アニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事は、昨年に引き続き同集会に参加。2024年の次期大統領選に向けた布石との見方もある。
 モナス広場では1日の夕方ごろから人が集まり始め、2日の午前8時ごろから合同祈とうが行われた。集会は平穏に推移し、同11時には解散した。
 バンテン州タンゲラン県の会社員シャリフさん(56)は「イスラムは平和な教えだと伝え、ムスリムの心を一つにしたい」と考え、2年連続で同集会に参加したと言う。
 あごひげを生やし、白装束。「中国や欧米のプロパガンダで、あごひげを伸ばしたり、ペチ(イスラム帽)をかぶるだけで、同じムスリムからもテロリスト呼ばわりされ、生きづらさを感じている」と話した。(高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly