eスクーター取り締まり 幹線道路走行の禁止 ジャカルタ警視庁

 ジャカルタ警視庁は25日、自転車道を含めた幹線道路での電動キックボード「eスクーター」の走行禁止措置を開始した。道路交通法の違反と見なす。ブンカルノ競技場など、一部エリアでのみ走行を認める。違反者には25万ルピアの罰金などが科される。地元メディアが報じた。
 サービスを展開する配車大手グラブは、走行禁止について「関係当局と調整中」としている。
 eスクーターはジャカルタ特別州に千台以上が配置されている。スマートフォンアプリを通して付近の駐車場を探し、QRコードを読み取って借りる。レンタル料は電子マネーで払える。10日未明にブンカルノ競技場付近で、車道走行中に車に追突された高校生2人が死亡、4人が負傷する事故が起きた。これを機に警察や同州交通局、運輸省が規制を示唆。グラブ側は走行を時速15キロまでに制限するなど、改善策を進めていた。
 電動キックボードはシンガポールや欧米でも普及しているが、一部で走行規制が進められている。(大野航太郞、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly