来年度、生徒100人超えへ 開校記念式典を挙行 CJS

 チカラン日本人学校(西ジャワ州ブカシ県デルタマス、CJS)は23日、開校記念式典を開いた。石井正文駐インドネシア大使や設立を支援した企業、ブカシ県の関係者らが集まった。
 同校はことし4月に開校。プールなどすべての設備が完工したことを受け、関係者への感謝の意味も込めて、改めて式典が開催された。同校開校時の児童・生徒は52人だったが、現在は64人まで増えている。CJSの酢谷昌義校長によると、来年度には100人を超えることを見込んでいる。
 計画では2023年度をめどに250人、将来的には400人規模の学校になることを想定している。
 式典で酢谷校長は「自立・共生」の考え方を大切にし、「国際社会に対応できるような子どもの育成に力を入れていく」と話した。
 当日は校歌が披露されたほか、式典後には学習発表会が実施された。
 CJS建設の背景にはブカシ・カラワン地域の邦人数増加と、同地域とジャカルタを結ぶ高速道路の渋滞悪化がある。
 2015年から建設に向けた議論が始まり、17年に設立候補地がデルタマスに決定。18年7月に建設を開始し、ことし2月に校舎が完工した。(平野慧、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly