邦人36人 入管庁が拘束 特殊詐欺グループ拠点か 比首都圏マカティ市

 13日午後1時ごろ、フィリピンのマニラ首都圏マカティ市サンアントニオのビルで出入国管理庁が捜索を行い、日本の高齢者を対象にした詐欺に関与した疑いで、日本人の男36人を拘束した。被害額は20億円以上に.....

総文字数 :794文字 残り694文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

HALO-HALOフィリピン の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly