福田元首相と会談後 「着工は22年」と運輸相 スラバヤ鉄道準高速化

 インドネシアのブディ・カルヤ・スマディ運輸相は20日、日本が協力するジャカルタ〜スラバヤ間(約750キロ)の鉄道の準高速化構想について、2022年に着工し、26年に完成させるとの方針を明らかにした。日本インドネシア協会の福田康夫会長(元首相)らの代表団とジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領との会談に同席後、述べた。運輸省は8月に、21年に着工、24年に完工との見通しを示していた。
 福田会長は19日に来イ、20日は、大統領のほか、マアルフ・アミン副大統領とも会談。インドネシア日本友好協会(理事長・ラフマット・ゴーベル国会副議長)主催の歓迎会に出席した。(リンダ・シラエン、米元文秋)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly