コタまで7駅新設へ MRT南北線

 ジャカルタ特別州営MRTジャカルタ(MRTJ)はこのほど、中央ジャカルタのホテル・インドネシア(HI)前ロータリーから西ジャカルタのコタ地区を結ぶ大量高速鉄道(MRT)南北線の第2工区で、中央ジャカルタのサリナ、独立記念塔(モナス)、ハルモニ、サワブサール、西ジャカルタのマンガブサール、グロドック、コタの7カ所に駅を設置すると明らかにした。2025年第1四半期の開業を目指す。
 ハルモニ~グロドック間はトランスジャカルタ停留所付近、終着駅コタは国鉄コタ駅付近の地下にそれぞれ建設される。完成すれば南端のルバックブルスから北端のコタまで約21キロを、45分程度で移動可能になる。MRTJは開通後の平均乗客数を1日55万1200人と試算している。
 MRT南北線第1区間(15・7キロ)は日本の円借款事業として約5年半の工事を経て、ことし3月に完成した。4~10月の平均乗客数は1日当たり約8万4千人。(高地伸幸)

経済 の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly