コモド島閉鎖取りやめ 年入場料1400万ルピアに

 インドネシア政府はこのほど、世界最大のオオトカゲ、コモドドラゴンの保護などを目的に、2020年に予定されていた東ヌサトゥンガラ州コモド島の閉鎖を中止すると発表した。地元メディアが報じた。
 政府は保護や生息環境の改善のために閉鎖を予定していたが、地元住民や観光業界に配慮した。今後、観光客数を制限しながら、環境を整備していく。
 ルフット・パンジャイタン海事調整相によると、同島の入場券は1年間有効の会員制となり、料金は1人1400万ルピアの予定。「世界遺産のコモド島を守るために、観光客には高い入場料を求める」という。(小山倫)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly