香港式? 雨傘も登場 首都中心街で学生衝突 催涙弾水平撃ち

 インドネシア民主化改革の貫徹を訴える学生らのデモは、9月30日深夜から翌未明にかけ、ジャカルタ中心街のスナヤン、スマンギ、ドゥクアタスなどで警察機動隊などとの衝突を繰り返した。香港の民主化デモのシンボルとなっている「雨傘」も登場。機動隊が、危険性の高い催涙ガス弾水平撃ちを行った。
 汚職撲滅委員会(KPK)の権限縮小などの法改正反対を叫ぶ学生デモは30日午後、国会近くでいったん機動隊に排除された。その後、学生らはプラスチック製の道路分離ブロックを燃やすなどして道路を封鎖、抵抗を続けた。
 ツイッターなどのSNS上では、この数日、デモの続く香港とインドネシアの若者らがエール交換。催涙ガスへの対処法などがシェアされていた。
 ブンカルノ競技場付近で約100人のデモ隊は、香港の雨傘のように、赤い大型パラソルをかざしてガス弾を避けようとした。
 ドゥクアタス周辺では1日午前1時すぎまで小競り合いが続いた。50人ほどの学生らは道路の縁石を地面に叩きつけて砕き、ホテル・シャングリラ付近で機動隊に投げつけた。盾に石が当たる乾いた音が響き、学生から「アンジン(犬)」と罵声が飛んだ。
 機動隊は催涙弾の水平発射を開始。学生の後ろから写真を撮影していた記者の目の前を、ガス弾の光跡が突っ切り、数メートル後方で炸裂した。学生らは後退。スディルマン通りの立体交差で散り散りとなった。
 ことし卒業を控える学生アディさん(22)は「進路を考えている余裕はない。法案が撤回されるまで抗議を続ける。正しいのは俺たちの方。警官と闘うのも怖くない」と拳を握りしめた。
(米元文秋、高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly