秋の墓参・参拝を実施 EJJC

 東ジャワジャパンクラブ(EJJC)はこのほど、東ジャワ州スラバヤ市の日本人墓地と、マラン市にある日本人慰霊碑で秋の墓参・参拝を実施した。
 谷昌紀在スラバヤ日本総領事夫妻や、EJJCの渡部慎吾会長、近藤同事務局長、徳長邦彦スラバヤ日本人学校(SJS)校長夫妻ら在留邦人約30人が出席した。
 日本人墓地は元日本残留兵の故石井正治さんが尽力して、戦前に亡くなった120人の遺骨と名簿を整理。インドネシアの独立戦争時代、日本人として戦没した454人の霊を慰めるため「招魂の碑」も建立され、1984年に「スラバヤ日本人墓苑」が開苑した。その後、日本政府の支援も受けつつ維持管理している。
 マラン市内の日本人慰霊碑は太平洋戦争で戦死した日本兵や当時の在留邦人も慰霊の対象だ。戦後放置された時期もあったが、マラン市やスラバヤ総領事館、EJJCなどが協力して修復した。 (平野慧)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly