弁護士らの権利確保要請 パプア情勢 国連がインドネシアに

 パプア地方の大規模デモなどをめぐり、国連人権高等弁務官事務所は16日、インドネシア政府に対し、平和的な抗議行動の参加者や、フェロニカ・コマン弁護士ら抗議行動の状況を発信する人々の権利を確保し、インターネットへのアクセスを確保するよう求める国連専門家の談話を発表した。
 発表文によると、パプアでの人権侵害問題に取り組んできた同弁護士は、東ジャワ州でのパプア人学生への差別事件をめぐり、偽情報を拡散して不穏な情勢を引き起こしたとして、インドネシア当局によって容疑者認定されている。
 専門家は「フェロニカ弁護士が人権状況についての独立した報告を続けることができるよう、同弁護士に対する全ての告発を撤回するよう要請する」と述べた。
 また、当局による同弁護士のパスポート取り消しや銀行口座封鎖、国際刑事警察機構への手配要請といった報道があることについて、懸念を示した。(米元文秋)

政治 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly