政府機関に太陽光パネル  22年までに設置完了 ジャカルタ特別州

 アニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事はこのほど、2022年までにジャカルタ特別州政府や学校などの公的施設に太陽光パネルを設置することなどを定めた州知事令(2019年66号)を発令した。州庁舎や公立学校、スポーツ施設、青少年施設、医療機関などが対象となる。 
 地元メディアによると、州工業エネルギー局は20年予算案で太陽光パネル設置費用約175億ルピアを配分。対象となる建物をリストアップしながら、順次、太陽光パネルの設置を進める。
 現在、中央ジャカルタの州庁舎やモナス(独立記念塔)広場、エネルギー工業局、南ジャカルタ2カ所の中学校で、太陽光パネルの実用試験が行われている。エネルギー工業局の試算によると、州庁舎に122キロワットピーク(KWP=発電設備容量)の太陽光パネルを設置した場合、1日あたり電気代を25万ルピア削減できるという。(高地伸幸)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly