同好会が初の準優勝 山本モナス

 走ることを愛する邦人らの集まり「山本モナス」は、同好会チームとして初となる準優勝を果たした。設立は2018年、同駅伝への参加は2年目。メンバーは山野を走るトレイルランニングやトライアスロンを好むつわものが多く、週2回午前5時半からブンカルノ競技場でも練習を行っている。
 今回同じチームを組んで出場したインドネシア人は、同競技場での練習を通じて仲良くなったことがきっかけという。
 アンカー、伊藤健一さん(51)は「悔しい。1位になれなかった」と振り返り、第1走者の米田道生さん(34)は「普段からの練習が結果につながったと思う」と述べた。
 同会からは全部で6チームが参加。最年少の藤田空良さん(12)は「楽しかった。また参加してみたい」と笑顔で話した。(上村夏美、写真も)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly