初日は1904台摘発 ジャカルタ 奇数偶数制度導入

 9日から適用範囲が拡大した、ナンバープレート末尾の数字による車両進入規制策「奇数偶数制度」で、警視庁は10日、初日に計1904台を摘発したと発表した。夕方の摘発件数が、朝と比較して若干数上回った。地元メディアが報じた。

 同制度の適用時間は午前6時〜同10時と午後4時〜同9時。新たに16の通りで本格導入され、これまで実施していた通りと合わせて全25の通りで実施されている。
 警視庁によると、9日の午前6時〜同10時に計941台、午後4時〜同9時に計963台を摘発したという。
 夕方に摘発数が最も多かった地域は西ジャカルタで242台、続いて東ジャカルタ144台、北ジャカルタ138台、南ジャカルタ130台だった。中央ジャカルタは最も少なくて35台だった。
 朝、夕を合わせて最も摘発数が多かったのは西ジャカルタで、最も少なかったのは中央ジャカルタだった。
 警視庁によると、違反者の多くは周知活動中に対象通りを通過したことがなく、制度実施について知らなかったという。(上村夏美)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly