奇数偶数制の拡大開始 ジャカルタ グーグル記載なしで混乱

 ナンバープレート末尾の数字による車両の進入規制策「奇数偶数制度」が9日から、ジャカルタ特別州の新たな16の通りで本格導入された。違反者には反則切符が切られ、反則金が発生する。初日の朝には一部の通りで、グーグルマップに記載がないため違反する者もあったという。地元メディアが報じた。 

 東ジャカルタ区マトラマンのプラムカ通りで午前、取り締まりを行っていたマトラマン警察の担当者によると、同通りの違反者の多くはグーグルマップに従っていたためという。グーグルマップ上ではことし3月から、奇数偶数制度の対象通りを避けるルートの検索ができるようになっているが、新しい同通りを避けるルートは表示されていなかったという。
 同警察は、8月上旬から約1カ月間の周知活動があったが、制度拡大を理解していない運転者がまだ多くいるとした。
 首都圏専用バスのトランスジャカルタ(TJ)は、制度拡大によって影響を受けるとみられる地域にミニバスのマイクロトランスなどを含む計48のルートを準備した。さらなる乗客増を見込み、バス停の拡張工事を進めており、現在は中央ジャカルタ区スディルマン通りのトサリ停留所で工事が行われている。(上村夏美)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly