高級時計、販売拡大へ グランドセイコー

 セイコーホールディングス傘下のセイコー・ウオッチは、高級ブランド「グランドセイコー」の国内販売を進める。ジャカルタ特別州のスナヤンとブロックMの公式店を中心に、富裕層向けに売り出しているほか、ことし2月から南ジャカルタ・パシフィックプレイスモールの腕時計店「インディペンデント」での販売も開始した。
 国内ではアジア・ジャヤ・インダ社が代理店として販売する。9月5日には、インディペンデント店内で販促イベントを開き、同社の腕時計職人・西中卓也さんが商品製作を実演。体験会も開いた。
 幅広い価格帯の腕時計を販売するセイコーは、2017年からグランドセイコーのブランド力を強化する方針をとっている。他の自社製品と差別化するため、時計盤からは「SEIKO」の文字を消した。アジア第二統括部の藤田安城課長は「時計市場全体がこれ以上広がらない中で、高級ブランドをより重視した」と説明する。
 一方で、「グランドセイコーは、国際的には高級時計としてまだ新参のブランド」(藤田課長)という。独自機構やものづくりへのこだわりを見せるプロモーションで、国内で既に知名度の高いスイスメーカーを追い上げる。
 アジアでは中国・香港やシンガポールで販売が進んでいるという。将来的な購買層の拡大が見込めるインドネシアでも、市場を開拓していく。(大野航太郎、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

今日のじゃかしん

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly