慰安婦像が盗難 「アトリエから突然」 制作者ロセス氏明かす

 今月18日にフィリピン首都圏パサイ市のバクララン教会の敷地内に再設置される予定だった慰安婦像について、像の制作者ジョナス・ロセス氏(43)は27日、首都圏北方リサール州でまにら新聞の取材に「自宅アト.....

総文字数 :859文字 残り759文字

この記事は有料記事です。有料会員の方はログインしてください。

ログインID:
パスワード:

デジタル版のお申込みはこちらから。

HALO-HALOフィリピン の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly