女子ラグビー部員を初派遣 経済流通大 JICA短期ボランティア

 経済流通大学女子ラグビー部の部員が3日から、国際協力機構(JICA)の短期ボランティアとしてインドネシアに派遣されている。女子ラグビー部員のボランティア派遣は今回がはじめて。
 今回派遣されたのは同大3年の幅野真子さん(20)、須田澪奈さん(20)と2年の水岡萌さん(20)、川村雅末さん(20)の4人。9月1日まで、ジャカルタやジョクジャカルタ、バリなどで、主に小学生から大学生を対象にラグビー普及活動や、地元大学の女子ラグビー部で指導を行う。 

 短期ボランティアの4人は7日、南ジャカルタ区プサングラハンのプサントレン(イスラム寄宿学校)「ポンドック・プサントレン・ダルナジャ」で活動を実施。同校の15~16歳の男子生徒が約70人参加した。ラグビー未経験の生徒には「ラグビーボールに触れる楽しさ」を知ってもらえるよう、ミニゲームなどを実施。同校のラグビーチーム「ゴールデン・ライオン」のメンバーなど、ラグビー経験者には本格的な指導も行った。

 JICAボランティア事業の企画調査員の矢野史俊さんは「国民の多数がイスラム教徒というお国柄か、インドネシアには女子ラグビーのプレーヤーが非常に少ないのが現状」と話す。今回の短期ボランティアでは、ジョクジャカルタで女子ラグビー普及に向けたフォーラムも企画しているという。(高地伸幸、写真も)

日イ関係 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly