首都圏広域で停電 MRT、信号も停止

 4日午前11時45分すぎ、首都圏を含むジャワ島西部の広域で停電が発生した。大量高速鉄道(MRT)や首都圏専用電車(KRL)、信号などが停止し、アパートやショッピングモール、オフィスビルなどは自家発電に切り替えるなどして対処した。国営電力PLNは午後5時半以降、送電を段階的に再開したが、深夜まで停電が続く地域もあり、混乱が広がった。
 停電が起きたのは、ジャカルタ、ブカシ、ボゴール、デポック、スカブミ、カラワン、プルワカルタ、バンドンなど。PLNによると、バンテン州チレゴンのスララヤ火力発電所にあるガスタービン計6台が停止し、同発電所のほか他の発電所も停止した。
 PLNは同日午後4時半、次第に電力が回復していると説明し、ジャカルタでは午後7時半ごろ、全域では5日午前0時までには復旧させたいと発表した。
 午後5時半以降、バンテン州バララジャ、北ジャカルタ・ムアラカラン、西ジャワ州デポックなど各送電所で送電を再開したが、同日午後9時時点で中央、南ジャカルタでも停電が続く地域があり、復旧まで時間がかかった。PLNは詳しい原因を調べている。
 MRTは午前11時50分、4本の電車が停止。停車したのは、地下のブンドゥンガンヒリル~イストラ駅間、地上のルバックブルス~ファトマワティ駅間で、午後0時53分までに計3410人の乗客が避難した。負傷した乗客などはなかった。
 MRTを運営するMRTジャカルタによると、同日午後8時には運行を再開した。KRLは列車23本が停車。正午からの停止で約500人がキャンセルした。
 アニス・バスウェダン・ジャカルタ特別州知事は同日夜、信号機は全面復旧していないとして、市民は自家用車ではなく、MRTや首都圏専用バス「トランスジャカルタ(TJ)」を利用するよう呼び掛けた。TJは改札機が使えず、同日午後6時半から運賃を無料にして対処した。(上村夏美)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

イ日写真展10年の軌跡NEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly