フラッグシップ新型モデル発表 ヤマハ プロ用キーボード

 ヤマハ・ミュージック・インドネシア・ディストリビューター(YMID)は1日、新型キーボード「PSR―SX900」と「SR―SX700」を発表した。同社が展開するキーボードのフラッグシップモデルで、販売価格はPSR―SX900が1998万ルピア、SR―SX700が1580万ルピア。主にプロの演奏家や富裕層の需要獲得を狙う。
 西ジャワ州ブカシにあるヤマハ・ミュージック・マニュファクチャリング・アジア(YMMA)の工場で生産され、欧州や米国、中国、ベトナムなどにも輸出する。国内市場向けに製造する製品は、ダンドゥットやバタック歌謡などのインドネシア音楽に合わせた音色を搭載するなどのマイナーチェンジを施した。
 YMIDの伊藤章悟マーケティング・マネジャーによると、同社は同価格帯のキーボードで国内シェアの約70~80%を占める。「インドネシアは中国に次ぐ、伸び率の高い市場。3~5年の中長期的な視点から、高い期待を寄せている」と語り、マーケットリーダーとして市場を盛り上げながら、年間3万台の販売を目指すと意気込んだ。(高地伸幸、写真も)

ビジネスフラッシュ の最新記事

関連記事

採用情報

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC

人気連載

有料版PDFNEW

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

コロナ時代に立つ

日本から帰って

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly