ムアラカラン火力発電所 ガスタービン設置完了 MHPS製造、来年運転開始へ

 国営電力PLNは29日、北ジャカルタで建設が進むムアラカラン・ガス火力発電所で、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の高砂工場(兵庫県)で製造されたガスタービンの設置完了を祝う式典を開いた。建設の進ちょく率は68%を超え、2020年3月の運転開始を目指す。
 同発電所は50万キロワット(KW)の天然ガスだきのガスタービン・コンバインドサークル(GTCC)発電を行う。ガスタービンでの発電時の蒸気を利用し、燃料量に対する発電効率を上げる。蒸気タービンを含めた稼働は20年10月を目指している。
 タービンはMHPSが三菱商事と国営建設ウィジャヤ・カルヤ(ウィカ)から受注、6月に出荷を発表していた。同社の従来製品と比べ、20~30%ほど小型化した。他にも蒸気タービン1基と付帯設備一式を供給する。
 MHPSはインドネシアで長年にわたり、国内の発電所建設に携わってきた。今回の建設地の面積は約3・75ヘクタールで、昨年工事を開始。狭い土地で建設の難易度は高い一方、進ちょく率は目標を上回っている。MHPSインドネシアの石倉一樹社長は「ウィジャヤ・カルヤ、PLNと長年関係を築いてきた成果」と手応えを語った。(大野航太郎、写真も)

経済 の最新記事

関連記事

本日の紙面

イベントカレンダー

JJC
採用情報

人気連載

ぷらんぷらんNEW

有料版PDFNEW

日本から帰って

イ日写真展10年の軌跡

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

アジア大会

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

企業進出/新規投資

日イ国交樹立60周年

JJC理事会

修郎先生の事件簿

ビジネスマンの護身術

これで納得税務相談

企業戦略最前線

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly