日系商品、体験を拡散  「クリックスポット」初開催 クリック・イート

 企業の商品PRより、友人からの情報を重視する時代になる——。出前注文サイトを運営するクリック・イート・インドネシアは29日、南ジャカルタで日系企業がインドネシア人消費者に食品、飲料、生活品などの体験機会を提供するマーケティングイベント「クリックスポット」を初開催した。写真投稿サイト「インスタグラム」を活用し、日系の商品展開をサポートする。
 インドネシアでは消費者の趣好に合わせた商品の改良が必要とされつつも、実際に商品への反応を確かめる実験的な機会が少なかった。クリックスポットはメーカーが消費者の反応を直接集められる場としても注目されそうだ。
 大塚製薬、明治、山崎製パン、日本トリム、牛乳石鹸共進社の各現地法人などが参加、約500人が来場した。来場者はクリック・イートの顧客のほか、インスタグラムなどでの告知を見て参加、事前申し込みが千人に達した時点で締め切っていた。
 来場者はクリック・イートのインスタグラムアカウントをフォローすることで参加、商品を無料で楽しむことができた。ミネラルウオーター「プリスティン」(日本トリム)のブースはレモン、スイカを入れて提供。牛乳石鹸のブースでは石鹸の泡でできたケーキが飾られるなど、各社が「インスタ映え」を意識した。着物を着て、写真を撮れるスペースも用意された。
 牛乳石鹸共進社の駐在員事務所チーフ、イワン・ベルさんは「これからはメーカーからの『推し』の影響が弱くなり、友達や信頼している人からの情報の方が重視される時代が来る」と指摘。ソーシャルメディア大国・インドネシアでの商品PRには、商品を体験してシェアしてもらう機会の活用が重要だとした。
 クリックスポットは7、8月にも開催する予定。(大野航太郎、写真も)

社会 の最新記事

関連記事

本日の紙面

JJC

人気連載

ぶらり  インドネシアNEW

トップ インタビューNEW

有料版PDFNEW

モナスにそよぐ風

今日は心の日曜日

インドネシア人記者の目

HALO-HALOフィリピン

別刷り特集

忘れ得ぬ人々

スナン・スナン

お知らせ

JJC理事会

修郎先生の事件簿

これで納得税務相談

不思議インドネシア

おすすめ観光情報

為替経済Weekly